トップへ » 矯正治療の考え方 » 子どもの矯正とは?

子どもの矯正治療の目的とは?

子どもの矯正治療

小児矯正とは、子どもの時期に行う矯正治療のことです。

歯列矯正は大人になってからでも可能ですが、子どもの時期から矯正を行うことによって理想的な治療を行うことができます。

大人の矯正は、歯の成長が終わってしまっているため、歯を動かすだけの矯正です。
これに対して、子どもはまだまだ成長段階。あごの成長をコントロールしながら矯正を行うことができるのです。

歯並びによる様々なトラブルをご存知でしょうか?

・デコボコしていて歯が良く磨けないので、虫歯や歯周病になりやすい
・顎の形が変形したり、顔がゆがむ。見た目が劣る
・正しい発音ができない(サ行、ハ行など)。息が漏れる
・噛み合わせが悪い影響で顎の関節に異常をきたすことがある
・人前で口を開けて笑えないなどの、心理的な問題を起こすこともある

...など、噛み合わせは多くの悪影響を引き起こします。

当クリニックでは、お子さま一人ひとりの成長変化を見極め、将来を予測したうえで、状況に応じた治療を行っております。

もちろん、中学生以降の方や成人の方でも、治療は可能です。

「お子さまの歯並びについて気になる」
「費用はいくらくらいかかるの?」
「期間はどれくらい?」

など、矯正に関する疑問や質問をお持ち方、ぜひカウンセリングにお越しください。

カウンセリング(無料相談)について

関連ページリンク

矯正治療の考え方子どもの矯正とは?矯正治療の開始時期の目安
不正歯列・不正咬合の原因幼児から始める予防矯正無料相談について治療の流れ
治療期間について症例総合歯科だからできることよくある質問
料金について医療費控除について

矯正の無料相談を実施しています

無料相談のお申し込み、ご予約はこちら


トップへ » 矯正治療の考え方 » 子どもの矯正とは?