トップへ » 矯正治療の考え方 » 幼児から始める予防矯正 » Q9.説明書に従って使用した場合クリスタルトレーナーはどのくらい使用できるか?

Q9.説明書に従って使用した場合クリスタルトレーナーはどのくらい使用できるか?

Q. クリスタルトレーナーは各段階で少なくとも6~8ヶ月使用することが示されているが、説明書に従って使用した場合クリスタルトレーナー(T4K)はどのくらい使用できるか?歯ぎしりの症例ではより多くのクリスタルトレーナーを必要とするか?

A. 通常は治療の期間を通して装置を使用できます。早期破損の原因となるので、クリスタルトレーナーを噛まないように子供に話すことが重要です。軟質はT4Kは柔軟性と順応性を必要とするため、使用しているシリコン材は弾力性に優れていますが、過度に噛むこと、歯ぎしりに対しては耐久性がありません。(NEW T4Kは軟質のリシコンで耐久性もあります。)

 軟質T4Kは通常6~8ヶ月使用でき、硬質T4Kはより長期間使用できます。また、6ヶ月より早期に硬質T4Kの使用を開始することもできます。切り替えの当初は硬質T4Kを日中使用し、夜間は軟質T4Kを私用する事が勧められます。重度の歯ぎしりやT4Kを噛んでしまう場合は、T4K第Ⅰ期の遠心端を切り落として軟質T4Kの代わりに使用する事もできます。T4K-Ⅰは硬質T4Kよりは軟質の材料で作られています。

 不正咬合や何組織障害に対しては、休息時に唇を閉じ正しい嚥下パターンになるまでクリスタルトレーナーを使用して下さい。通常12ヶ月以上になります。


トップへ » 矯正治療の考え方 » 幼児から始める予防矯正 » Q9.説明書に従って使用した場合クリスタルトレーナーはどのくらい使用できるか?