2009年4月 5日 - 2009年4月11日 « トップへ » 2010年1月 3日 - 2010年1月 9日

2009年4月16日

矯正治療を悩んでいるお母さんへ

矯正治療を悩んでいるお母さんへ
「矯正治療を受けさせたいけど、子どもが嫌がらないか心配...」
そんな不安を抱えている親御さまはいませんか?
大人でも歯医者は苦手な人も多いのに、ましてや、子どもなら...と、小児矯正を思いとどまっている方は多いと思います。

お母さん、心配しないでください。
私たち、みわ歯科クリニックでは、多くのお子さまたちが最後まで治療を続けています。
そして、きれいな歯並びでかわいい笑顔を見せながら帰っていきます。

子どもが治療を嫌がらない理由

それは、お子さまたちにはできるだけ治療に興味を持ってもらうように さまざまな工夫を行っているから。

例えば、治療中に子どもが不安にならないように、「学校はどう?」「どんな習い事してるの?」などいろいろな話をします。
すると、初めは緊張ぎみだった子も少しずつリラックスしてきます。

矯正機具が痛い、と言っている子には、「どんどんよくなっている証拠だよ」なんてひとこと言ってあげるだけで、 ちゃんと我慢することも覚えます。

こうやってうまくコミュニケーションをとるうちに、子どもたちは、歯医者に通うのがドンドン楽しくなってくる。
少しずつ目標に向かってがんばるようになってくるんですね。

保護者の方にも喜ばれる理由

保護者の方にも喜ばれる理由矯正治療で頑張っているのは、お母さんも同じです。

矯正の治療中は、お母さんも付き添いや、日常生活のサポートをしていただいているので、不安をもったりストレスがたまる方もいらっしゃいます。
私たちは、一緒に頑張っているお母さんの不安を取り除けるよう、心がけています。

「今日は痛いとお子さんがいうかもしれませんが、明日には痛みは消えているので、心配しないで下さい」

事前に起こりえる事をきちんと伝える。当たり前かもしれませんが、お母さんからすると「家に帰ったら急に痛みだした。どうしよう...」という不安は解消されます。


そして、治療が終わったときには、「お母さん、こんなにキレイにしてくれてありがとう」と 両親への感謝の言葉をいう子たちも少なくありません。
お母さんにとって、これほど嬉しい言葉はないかもしれませんね。


当クリニックは、子どもたちと上手にコミュニケーションをとることで、多くの矯正治療を成功させてきました。
そして、がんばる楽しさを学べる治療を行っております。

2009年4月15日

子どもの矯正治療の目的とは?

子どもの矯正治療

小児矯正とは、子どもの時期に行う矯正治療のことです。

歯列矯正は大人になってからでも可能ですが、子どもの時期から矯正を行うことによって理想的な治療を行うことができます。

大人の矯正は、歯の成長が終わってしまっているため、歯を動かすだけの矯正です。
これに対して、子どもはまだまだ成長段階。あごの成長をコントロールしながら矯正を行うことができるのです。

歯並びによる様々なトラブルをご存知でしょうか?

・デコボコしていて歯が良く磨けないので、虫歯や歯周病になりやすい
・顎の形が変形したり、顔がゆがむ。見た目が劣る
・正しい発音ができない(サ行、ハ行など)。息が漏れる
・噛み合わせが悪い影響で顎の関節に異常をきたすことがある
・人前で口を開けて笑えないなどの、心理的な問題を起こすこともある

...など、噛み合わせは多くの悪影響を引き起こします。

当クリニックでは、お子さま一人ひとりの成長変化を見極め、将来を予測したうえで、状況に応じた治療を行っております。

もちろん、中学生以降の方や成人の方でも、治療は可能です。

「お子さまの歯並びについて気になる」
「費用はいくらくらいかかるの?」
「期間はどれくらい?」

など、矯正に関する疑問や質問をお持ち方、ぜひカウンセリングにお越しください。

カウンセリング(無料相談)について

2009年4月14日

4.治療

事前の検査が終わったら検査が終了し、治療計画が決定すれば、実際の治療に入ります。

1.矯正装置の装着
実際にお口の中を見たうえで、歯並びや、あごの関節の状態など、必要項目をチェックします。

2.調整
歯並びの状態や治療の進み具合によって通院頻度は異なりますが、おおよそ1~8週に1度、矯正装置の調整を行います。

3.治療終了
歯並びが揃い、噛み合わせがよくなれば、矯正装置を外し、後戻りを防ぐための装置(リテーナー)につけかえます。

4.メンテナンス
「後戻り」をできるだけ防ぎ、矯正治療の効果を長持ちさせるために、装置を外してからも約2年は経過を観察します。
矯正装置を外しても、ドクターのアドバイスを守りましょう。


治療期間について

2009年4月13日

治療期間は6ヶ月~2年が目安(部分矯正を含む)

治療期間

「子どもにはできるだけ負担をかけたくない」

お子さまの矯正を考えているお母さんにとって、治療の期間はどうしても気になってしまいますよね。

私たちみわ歯科クリニックでは、矯正治療の期間は、約6ヶ月~2年半程度とお答えしています。
もちろん、お子さまの症状や歯の状態によっても異なります。

また、矯正装置をはずしたのち、保定期間(ほていきかん)とよばれる時期が2年ほど必要です。保定期間とは、経過を観察する時期のことです。
矯正により歯並びがそろっても、装置を外しそのままに放っておくと歯は元あった位置に戻ろうとするからです。

そのため、"リテーナー"と呼ばれる保定装置を使用し、経過を観察する必要があります。

小児矯正には2つ治療段階があります

子どもの矯正は、1次治療と2次治療に分けられます。

1次治療
子どもの歯と大人の歯が混ざっている時期に行う治療です。期間は3ヶ月~1年程度になります
あごの発育をコントロールし、永久歯の生え代わりを誘導。噛み合わせの改善をします。

矯正の1次治療とは

2次治療
大人の歯が生えそろってから行う治療です。期間は1年半~2年半程度になります
この段階では、"ブラケット"とよばれる矯正装置を装着し、実際に歯を動かしていきます。

矯正の2次治療とは

あごの成長が活発な時期に、1次治療を行うことで、2次治療のとき、抜歯や手術の必要がなくなる場合があります。また、その後の症状を軽減できる可能性があります。


矯正治療では、歯並びを整えることはもちろん、正しい噛み合わせに改善することがとても大切です!噛み合わせは、発音はもちろん、運動能力や集中力とも深く関わると言われています。

つまり、単に見た目だけを改善するだけではなく、噛み合わせを考えることが大切なのです。

当院では矯正の無料相談を行っています。
お子さまのかみ合わせ、歯の生え方で気になることがある方は、ぜひ一度ご相談ください。


症例のご紹介

2009年4月12日

前歯が出て、犬歯が横からはえてきた

治療前 初診時:9歳・女の子
症例1-1
症例1-2
下へ
治療後 期間:約1年8ヶ月
症例1-3
症例1-4
正面からの口元が美しくなっただけではなく
横顔のEラインがとても美しく、劇的な変化を生んだ症例です。
現在も、メンテナンスで来院するのを本人も私たちも大変楽しみにしております。

費用:798,000円+調整料(1,260円~2,940円/回)

歯が曲がってはえてきた

治療前 初診時:13歳・男の子
症例2-1
永久歯が90度曲がってはえてきました。
捻転といいますが、動かすのに回数と時間がかかります。
下へ
治療中
症例2-2
下へ
治療後 期間:約1年半
症例2-3
頑張って月2回通院してくださったので、
1年後キレイに治療を終了することが出来ました。

費用:294,000円+調整料(1,260円~2,940円/回)

歯がデコボコ。歯が内側にはえてきたのが気になる

治療前 初診時:14歳・女の子
症例3-1
下へ
治療後 期間:1年5ヶ月
症例3-2
上唇、下唇のはりがなくなり、顔全体が小さくなりました。
素敵な笑顔が生まれました。

費用:798,000円+調整料(1,260円~2,940円/回)

歯が左にずれ、内側にはえてきた

治療前 初診時:17歳・女の子
症例4-1
歯の中心のずれを前歯を抜かず、臼歯の抜歯で補い、中心を揃えた症例です。
下へ
治療後 期間:1年11ヶ月
症例4-2
今まで口元を押さえて笑っていましたが、自信に満ちた笑顔を生み出せるようになりました。

費用:798,000円+調整料(1,260円~2,940円/回)

受け口をを治したい

治療前 初診時:19歳・女性
症例5-1
下へ
治療後
症例5-2
今まで気にしていた口元が改善され、来院のたびに表情が変わっていきました。
横顔も口元も大変美しく整って正面からの顎のラインがシャープになりました。

費用:756,000円+調整料(1,260円~2,940円/回)


2009年4月 5日 - 2009年4月11日 « トップへ » 2010年1月 3日 - 2010年1月 9日