2009年4月13日 « トップへ » 2009年4月15日

2009年4月14日

4.治療

事前の検査が終わったら検査が終了し、治療計画が決定すれば、実際の治療に入ります。

1.矯正装置の装着
実際にお口の中を見たうえで、歯並びや、あごの関節の状態など、必要項目をチェックします。

2.調整
歯並びの状態や治療の進み具合によって通院頻度は異なりますが、おおよそ1~8週に1度、矯正装置の調整を行います。

3.治療終了
歯並びが揃い、噛み合わせがよくなれば、矯正装置を外し、後戻りを防ぐための装置(リテーナー)につけかえます。

4.メンテナンス
「後戻り」をできるだけ防ぎ、矯正治療の効果を長持ちさせるために、装置を外してからも約2年は経過を観察します。
矯正装置を外しても、ドクターのアドバイスを守りましょう。


治療期間について


2009年4月13日 « トップへ » 2009年4月15日